「CKHM情報空間」の構築

XMindを活用したCKHMの階層化

 ◆XMindを活用すると、ハイパーリンクで下層のフォルダをリンクすることで、階層構造で大量のファイルを管理することが出来ます。
 さらにXMindを使うと、単純な階層にとどまらず、フォルダの異なるファイルや情報をリンクすることで、ネットワーク状態で知識・情報・ファイルを構築することが出来ます。


 「CKHM情報空間」

◆前述のことは、回路設計ノウハウの性質上大きなメリットに成ります。それは、個々の設計ノウハウは独立して存在している訳でなく、複雑に絡み合っているからです。
 そして、「CKHモデリング」を続けることで、「CKHM情報空間」とも呼ぶべき「回路設計ノウハウ情報」のネットワークがPC上、そして脳内に構築されてゆくのです。



 「CKHM成功回路」を作る

 

 ◆前述のように、回路設計は、一つの「CKHモデル」だけで出来るものでもなく、いくつかの要素の「CKHモデル」を組み合わせることで完成します。
 「CKHモデリング」を続け、回路設計に「CKHモデル」を活用する経験を重ねて、回路設計の成功体験を繰り返してゆくことで、「CKHM成功回路」が作られてゆきます。

 「CKHM情報空間」活用の自由自在

◆そして、「CKHM成功回路」が多くなるほど、「CKHM情報空間」を自由自在に活用して「回路創造脳力」「回路想像脳力」「回路予測脳力」が身に付き、自由自在な回路設計を楽しみ、楽しく回路設計ができる「回路エンジニア脳」となることができるのです。


CKHモデリング関連商品

CKHモデリングの関連商品は、「CKHモデリング」関連商品のご案内をご覧ください。