**技術ノウハウの蓄積ができる講座の関連ツール***

MyDBMS-Simu1について
  MyDBMS
とは、次のような特徴を有する「技術情報管理システム」です。

1.使い慣れたMS EXCEL(Microsoft EXCEL)で, 簡単に情報データベースを構築できる。
2.データの保存とデータ・フォルダの構築が自動化されています。
3.文字列検索、キーワード検索など多彩な機能で、目的のファイルを簡単に探し出し、Windowsに関連付けられたアプリケーションで開くことが出来る。
4.多量・種類の異なるファイル(CAD図面・Word・EXCEL・PDFなど)を一括管理できる。
5.無料のプログラム開発ツール(VBA)できている。


⇒MyDBMSの詳細及び使い方については、「MyDBMSの活用法」を参照ください。

このMyDBMSに、「電子回路設計基礎講座」で使用しているシミュレーション・ファイルをあらかじめ登録・保存したものが「MyDBMS-Simu1」で、次のような特徴があります。

◆基礎講座テキストで説明しているシミュレーション・ファイルを文字列やファイル名で検索・抽出できる。

◆抽出したシミュレーション・ファイルをワンクリックでシミュレーションソフト(Simetrix-SIMPLIS)を立ち上げ、ファイルを開き、シミュレーション結果を確認できる。
 また、シミュレーション・ファイルをバックアップ・コピーした後開く機能があり、誤って元のファイルを描き変えてしまっても安心です。


◆回路変更、パラメータを変更したシミュレーション・ファイルは名前を変えMyDBMS-Simu1に登録し、設計ノウハウの蓄積、設計の効率化が図れる。
  回路を検討する時、回路や定数を変更しながらシミュレーションすることが有ります。その時、ファイル名を変更し保存しただけでは、何を変更したのが後で解らなくなって困る時があります。このようなとき、コメントやキーワードを一緒に登録することで、簡単に探し出すことができます。
 また、シミュレーション・ファイルだけでなく、あらゆるファイルを管理することができます。



詳しくは、[MyDBMS-Simuの活用法]、「MyDBMS_Simuの使い方.pdf」等を参照ください。