本文へスキップ

CDTLは電子回路設計エンジニアの皆様を応援しています

電子回路設計の館

回路実験室の概要Circuit experiment lecture

回路実験室で、「わかった!」「できた!」「うごいた!」の感動を「あなた」に

 電子回路設計技術をマスターするためには、理論を学び知識を吸収するだけでなく、自分の頭と手を動かして実践し、悩んで問題を解決し、経験を積み上げることが重要です。そして「わかった!」「できた!」「うごいた!」ときの感動が、更にあなたの探究心を加速します。

 回路実験室では、実験手順・実験ノウハウ・実験ツールの使い方を分かりやすく説明し、実際の回路が動くことを経験して頂きます。そして、その感動と達成感を味わってください。

こんなひとにお勧めです

◆回路実験をしたいが、実験用の器材(測定器など)が無い

  ⇒「回路実験ツール」(簡易オッシロスコープ、簡易信号発生器、周波数カウンタなどの機能)を用意していますので、高価な測定器は不要です。

◆回路実験したいが、どのような部品を用意したらいいか分からない

  ⇒「回路実験Kit]を用意していますので、回路部品の知識が全くない方でも、簡単に実験ができます。

◆回路実験したいが、実験の手順が分からない

  ⇒「回路実験室テキスト」で、全くの初心者の方でも、一から学べます。

回路実験室の概要

回路実験室の概要は次の通りです。
◆基礎的な受動素子(L,C,R)、半導体素子(Tr,FET,D)、半導体集積回路(IC)を使用した基礎実験から、それらを複雑に組み合わせた増幅回路、電源回路、発振回路、フィルター回路など「実験ツール」に関しては、回路実験ツールの概要を参照ください。

◆簡単な回路は、実験-ブレッドボードを使用して実験。
◆少し複雑な回路は、専用実験ボードで実験。
◆実験材料は、実験材料kitとして、必要な部材を提供します。
◆関連した回路シミュレーション・ファイルでシミュレーションでの結果と比較品が理解することができます。

他のサービスとの連携

回路実験の回路事例について、
「回路実験室」で使用する回路の設計手法は、「回路設計基礎講座」や、「回路技術ノウハウ・ノート」と連携しています。
 具体的な設計知識・設計ノウハウなどは、回路設計ノウハウ集、回路事例集、シミュレーション事例集など参照でき、またそれらを応用できる技術力が身につきます。




バナースペース

CDTL(Circuit Desgin Technology Lab.)

〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘3-2-1

TEL 043-377-3246