回路エンジニアを応援しています

M,N,O,Q,R

電子回路回路及び設計に関する用語をまとめています。

 MOSFET

 電界効果型トランジスタの一つで、ゲートが酸化膜で絶縁されており、高い入力インピーダンスを持つ。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」1.3.5.1 MOS-FETの動作原理と特徴

 NAND回路

 NAND論理を構成する回路
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.1.2 ロジック回路の基礎

 NOR回路

 NOR論理を構成する回路
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.1.2 ロジック回路の基礎

 NOTゲート回路

 入力の論理が反転する回路でインバータ回路とも呼ばれる。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.1.2 ロジック回路の基礎

 OPアンプ

 演算増幅器で、差動増幅器の一種。本来のアナログ信号の演算より、アナログ信号の増幅回路や処理回路として用いられることが多い。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」1.5.1 オペアンプICの基礎

 PWM回路

 アナログ電圧をON/OFFのパルス幅信号に変換する回路で、DC-DCコンバータ、D級オーディオアンプ、モータ制御など低損失を目的として電力デバイスを制御する回路で多く用いられている。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.2.3 PWM回路の基礎

 RC発振回路

 抵抗R、コンデンサCのRC回路により正帰還をかけて発振出力を得るもので、RC位相発振回路、ウィーンブリッジ発振回路などがある。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.5.2 RC発振回路

 *

*

<ページのトップに戻る>