回路エンジニアを応援しています

は、ひ、ふ、へ、ほ

電子回路回路及び設計に関する用語をまとめています。

 発振回路

 能動素子を用いて、持続した交流信号を発生させることができる回路
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.5.1 発振の原理

 反転増幅回路

 出力信号が、入力信号と逆位相の出力が得られる増幅回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.6.1.3 反転増幅回路(inverting amplifier)

 非反転増幅回路

 出力信号が、入力信号と同位相の出力が得られる増幅回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.6.1.2 非反転増幅回路(non-inverting amplifier)

 発光ダイオード(LED)

 ダイオードに電流を流すと、pn接合部付近で自由電子と正孔が再結合するとき、バンドギャップに相当するエネルギーを光として放出することを利用した発光素子。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」13.2.2 ダイオードの種類と特徴と記号 (5)発光ダイオード

 微分回路

 出力が入力信号を微分した形となる回路で、抵抗とコンデンサによるハイパスフィルタは微分回路の一つである。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.6.2.4微分回路

 負帰還

 帰還回路において、出力の信号を逆相で入力に加えること。出力の信号を同相で加える場合、正帰還と言う。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.3 負帰還回路
  ⇒回路設計ノウハウ・ノートの「負帰還回路の安定性」を参考にしてください。

 *

*

<ページのトップに戻る>