回路エンジニアを応援しています

か、き、く、け、こ

電子回路回路及び設計に関する用語をまとめています。

 可変容量ダイオード

 pn接合の空乏層が逆バイアス電圧に比例して変化すること利用して、接合容量を可変するもので、バリキャップ(varicap),バラクタ(varactor)ともいう。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」13.2.2 ダイオードの種類と特徴と記号 (4)可変容量ダイオード

 帰還

 増幅回路の出力の一部または全部を、増幅回路の入力に戻すことで、負帰還と正帰還がある。負帰還は増幅回路の特性の向上に、正帰還回路は主に発振回路い用いられる。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.3負帰還回路、3.5発振回路
 ⇒回路設計ノウハウ・ノートの「負帰還回路の安定性」を参考にしてください。

 結合コンデンサ

 交流信号を扱う回路で、直流回路と分離し、交流信号のみ取り出すために入れるコンデンサ。

 降圧型コンバータ

 入力の直流電力をスイッチング電源回路を用いて、入力電圧より低い電圧に変換する回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.6.4.1降圧型 コンバータの原理

 交流の複素表現

 交流信号は、周波数と時間と位相の要素を複素関数で表現できる。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」1.1.9.4 交流信号の複素表現

 固定バイアス回路

 バイポーラ・トランジスタ回路において、ベース側のバイアスがトランジスタの特性によらず固定された回路。動作の安定性は悪い。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.1.2 トランジスタ回路お基礎、2.1.2.1バイアス回路とは、2.1.2.2トランジスタ固定バイアス回路

 *

*

<ページのトップに戻る>