回路エンジニアを応援しています

ら、り、る、れ、ろ

電子回路回路及び設計に関する用語をまとめています。

 理想オペアンプ

 オペアンプの機能を次のように理想化したもの。
@入力電圧は、+Inputと-Inputのみに加えられ、オフセット電圧・電流がゼロ。
A差動利得Aは無限大、かつ周波数帯域もDC〜無限周波数とする。
B入力インピーダンスZiは無限大で、入力端子には電流は流れない。
C出力インピーダンスZoはゼロで、出力電圧は負荷により変動しない。
 ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.6.1 オペアンプの基本回路

 理想ダイオード回路

 通常ダイオードの電流はダイオードに加える電圧が≒0.6V以上にならないと電流は流れないが、オペアンプを使用して、ダイオード機能を理想化したもので、0Vから正の電圧で電流が流れ、負の電圧では電流が流れないので、理想ダイオード回路と呼ばれている。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.6.6.2 理想ダイオード回路

 *

*

 *

*

 *

*

 *

*

<ページのトップに戻る>