回路エンジニアを応援しています

A,B,C,D,E,F

電子回路回路及び設計に関する用語をまとめています。


 A-Dコンバータ

入力のアナログ信号をディジタル信号に変換する回路。
 ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.2.1 A-D変換回路の基礎


A級電力増幅回路

 増幅素子の入力と出力の関係が直線的になるようバイアス電圧・電流を与えるもので、交流の入信号の上側と下側の波形が歪なく増幅できるように、動作点を設定した回路。増幅素子の消費電力が多く、電力効率が悪い。
 ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.2.1.1 A級電力増幅回路

 B級電力増幅回路

 交流の入力信号のうち片側の極性のみが増幅されるように増幅素子にバイアスを与えた方式で、通常プッシュプル増幅回路で用いられる。最大出力時に最大の消費電力となり、電力効率が良い。
 ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.2.1.2 B級電力増幅回路

 AB級電力増幅回路

 B級電力増幅回路の欠点である、クロスバオーバ歪を改善すべく、バイアス電流を流し、少しA級動作に近づけた回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.2.1.3 トランジスタSEPP電力増幅回路のA級、B級、AB級動作
 ⇒回路設計ノウハウ・ノートの「FET差動増幅応用ヘドホーン用アンプの設計ノウハウ」及び「OPアンプ応用ヘッドホーン用アンプの設計ノウハウ」で設計事例をを参考にしてください。
 

 CMOS回路

 Complementary Metal Oxide Semiconductor回路で、nチャネルMOSFETとpチェンルMOSFETを相補型に配置した回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.1.1 CMOSロジック回路の基礎
 

 CMRR

 Common Mode Rejection Ratio(同相信号除去比)といい、差動増幅回路において、差動利得を同相利得で割ったもの。差動増幅回路の指標の一つ。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」2.5.4.2トランジスタ差動増幅回路の利得
 

 C級電力増幅回路

 C級増幅回路とは、入力信号の電圧が十分に高い場合にのみ増幅するようにバイアスを設定する、スイッチング回路に近い。C級増幅回路は、大電力の狭帯域高周波増幅回路によく用いられる。出力にフィルタ回路を設け、増幅回路によって発生する不要な周波数成分を取り除く。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.2.1.4 C級電力増幅回路
 

 D-Aコンバータ

 入力のディジタル信号をアナログ信号に変換する回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」4.1.2.2 D-A変換回路の基礎
 

 DC-DCコンバータ

 入力の直流電力をスイッチング電源回路を用いて、希望の直流電圧・電流に変換する回路。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.6.4 スイッチング電源回路の基礎
 

 D級電力増幅回路

 パルス幅変調やパルス密度変調を応用し、スイッチング回路で電力増幅を行う方法で高効率が得られる。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」3.2.1.5 D級電力増幅回路
 

 FET(Field Effect Transistor)

 電界効果トランジスタ、電圧制御型デバイスの一つ、動作に電子または正孔のどちらかのキャリアが関与するので、ユニポーラ・トランジスタとも呼ばれる。
  ⇒詳細は、次を参照:「電子回路設計基礎講座テキスト」1.3.4 FET(Field Effect Transistor)
 

<ページのトップに戻る>