BSch3vの使用例

  当ホームページで紹介する回路図のほとんどはBSch3Vを使用して作図しています。

  下記に、使用例や便利な機能を示します。

 「電子回路設計基礎講座」での使用例

 




 左図は、DBch3Vで作成した、JFET入力のオペアンプの回路構成を説明する図です。






 下図は、「電子回路設計基礎講座」の中で、上図をコピーし説明文の中に挿入したものです。




 オリジナルな部品ライブラリを作る

  

 標準の部品ライブラリにない新しい部品を使用するとき、自分で新規に作り登録することになりますが、それを簡単にできるソフトLCoVが付属しています。
 左図は、ICのライブラリの作成例ですが、ICのピン数、端子番号、ピンの名前を入力し、簡単に作成することが出来ます。
ただ、ここでピン番号は、ネットリストを出力し、プリント基板を設計するとき、プリント基板作成CADの部品ライブラリと一致していなければならないので、注意を要します。










 もっと複雑な回路図の例

  下図のように、いくつかの回路を統合してさらに大きな複雑な回路を構成することもできます。

 ネットリスト作成と配線ミスの確認に便利な機能

 
 付属のネットリスト作成ソフトNL3Wを使用すると、ネットリストのファイルと同時に、左図のようなレポートが作成されます。
 このレポートは、下記の情報が表示されます。

*** CONNECTED SIGNAL NAMES ***
 :異なる信号名を付けた配線同士を接続している

*** CONFLICTING PINS ***
 :同じピン(部品番号、ピン番号が一致している)が2箇所以上にある

*** UNCONNECTED PINS ***
 :接続していないピン
*** UNCONNECTED TAGS ***
 :接続されていないタグ
*** UNCONNECTED POWER SYMBOLS ***
 :接続されていない電源シンボル

*** NO NUMBER PINS ***
 :番号が付与されていないピン
 
このレポートをチェックすることで、配線ミスを未然に防ぐことが出来ます。




 右図は作成されたネットリストで、これから作成したプリント基板を組み立てたものが下の写真です。





















 部品番号を自動で振りつけてくれる便利なソフト

  回路図を作成していると、部品を追加したり、削除したりして、部品の番号が連続でなくなる時があります。特に、前記のように複数の回路図を統合した場合、自分で振りなおすことは面倒です。そんな時、付属のソフトNUT3Wを使用すると、部品番号を自動で振りなおしてくれる便利な機能が有ります。
 下図のように、右図の部品番号が、左図のように右下を基準に振り直されています。

 部品リスト簡単に作れる便利なソフト

  複雑な回路図を作成し、そこから部品リストを作る場合、手作業でこれを行うと、面倒なだけでなく部品番号と品名や値が異なるなどミスを起こす可能性があります。そんな時、便利なソフトが、PL3Wで、BSch3Vの回路図ファイルから、Excelなどで読み込めるCSV形式の部品リストを生成することができます。


 左図は、コンデンサCの番号と容量値の部分のリストですが、リストを加工することで、ヌケやミスのない、部品リストを作成することが出来ます。