回路シミュレータについて

 当ホームページでは、回路シミュレータとしてSIMetrix/SIMPLISの無料で使用できるデモバージョンを使用しています。その理由は、無料で使用できること、初心者が操作しやすいこと、アナログ回路だけでなくスイッチング回路もシミュレーションできること、など総合的に判断して使用しています。

 他にも、無料の評価版や低価格の回路シミュレータが、配布及び販売されています。下記を参考にしてください。

  

Pspice アナログ/ディジタル混在回路シミュレータ

(株)サイバネット社から販売されているOrCADファミリーの一つで、大変高機能な回路シミュレータです。ただ、PCB作成CAD、回路図作成CAD、数値解析ソフト、FPGAシステムの開発などと連携しており、高機能な分、初心者には習熟するの時間がかかるのと取っき難いところがありますが、職場で使っている場合などは、お勧めです。

評価版については、こちらをhttp://www.cybernet.co.jp/orcad/product/ad.html参照下さい。
また、書籍紹介の設計ツールを参照ください。

Micro-CAP

 (株)東洋テクニカから販売されているアナログ/ディジタル混在電子回路シミュレータです。
最新のバージョンでは,標準SPICEとPSpiceのテキスト・ファイルを扱うことでき、また高周波デバイスをモデリングする2ポートSパラメータ部品が追加され,極座標やスミスチャートのプロット形式が追加されていること特徴です。
 また、製品版と比べて解析できる部品数は50、回路のノード数は100程度、,解析のスピードが遅くなる、など制約があります。

こちらhttp://www.toyo.co.jp/micro-cap/を参照下さい。
 また、書籍紹介の設計ツールを参照ください。

TINA-TI アナログ回路シミュレーション・ソフト

(株)テキサス・インスツルメンツがDesignSioft社と提携して提供するアナログ回路シミュレーションです。

詳細は、http://www.tij.co.jp/tool/jp/tina-tiを参照ください。

サーキットビューア (株)マイクロネット

(株)マイクロネットから販売されている回路シミュレータで純国産の製品で、無償ではありませんが、非常に低価格で、初心者にわかりやすく、操作しやすい回路シミュレータです。
こちらhttp://www.micronet.co.jp/cv/index.htmlを参照下さい。


LTspice IV

(株)リニア・テクノロジが無料で提供するアナログ回路シミュレータです。

 LTspice IVは従来のSpice IIIシミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、スイッチング・レギュレータICのシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。 Spiceの改善により、スイッチング・レギュレータのシミュレーションは、通常のSpiceシミュレータ使用時に比べて著しく高速化され、ほとんどのスイッチング・レギュレータにおいて波形表示をほんの数分で行なうことができます。Spiceとリニアテクノロジー社のスイッチング・レギュレータICの80%に対応するMacro Model、200を超えるオペアンプ用モデルならびに抵抗、トランジスタ、MOSFETモデルをここからダウンロードできます。

こちら http://www.linear-tech.co.jp/designtools/software/ を参照ください。

*** ***

****

****