***その他回路設計に関連するノウハウ ***

その他電子回路設計技術に関するノウハウ紹介しています。

 復習電気基礎数学

内容は次の通りです。

1.計算の法則
1.1 指数法則
1.2 行列式
2. ベクトル
2.1ベクトルとは
2.2 ベクトルの表し方
2.3 ベクトルの計算
2.4 交流回路のベクトル表現
3.三角関数
3.1三角関数とは
3.2 sin・cos・tan
3.3三角関数のグラフ
3.4角速度
3.5 三角関数の加法定理
3.6 二倍角・半角の法則
3.7 和積、積和の法則
3.8 余弦の定理
3.9 三角関数の逆数
3.10 逆三角関数
3.11 α≒0のときの、sin?αの値
4.複素数
4.1複素数とは
4.2複素数の性質
4.2.1 複素数の性質
4.2.2 ベクトルの複素計算
4.3 複素数のはたらき
4.3.1複素数の直交座標における虚数jの性質
4.3.2 複素数の極形式
4.3.3 正弦波交流の極座標形式による複素表示
4.3.4 複素表示による計算
4.3.5 微分、積分の複素表示
4.4複素数と三角関数の関係
4.5 ド・モアブルの定理
5.対数
5.1対数とは
5.2常用対数と自然対数
5.3対数の性質
5.5デシベル表示
5.6利得の公式
5.7デシベルの基準
6.微分
6.1微分とは
6.2微分係数
6.3導関数(微分後の関数)
6.4微分の性質
6.5合成関数の微分
6.6三角関数の微分
6.7指数の微分
6.8対数の微分
7.級数
7.1 マクローリンの定理
7.3オイラーの公式
7.4二項定理
7.5フーリエ級数
7.5.1 フーリエ級数とは
7.5.2 フーリエ級数の意味
7.5.3 複素フーリエ級数
7.5.4 フーリエ変換
8.不定積分
8.1.不定積分とは
8.2不定積分の定義
8.3不定積分の公式
8.5指数関数の積分
8.7置換積分
8.8部分積分
9.1定積分とは
9.2定積分の公式
9.2定積分の性質
10.微分方程式
10.1微分方程式とは
10.2微分方程式の計算
10.2.1 変数分離形
10.2.2 抵抗とコイルの直列回路の微分方程式
10.2.3 抵抗とコンデンサの直列回路
10.2.4 2階微分方程式の解法
11.ラプラス変換
11.1ラプラス変換とは
11.2ラプラス変換表
11.3ラプラス変換の応用
11.3.1ラプラス演算子による抵抗とコイルの直列回路の微分方程式の解法
11.3.2ラプラス演算子による抵抗とコンデンサの直列回路の微分方程式の解法
11.4伝達関数
11.4.1比例要素
11.4.2微分要素
11.4.3積分要素
11.4.4一次遅れの系
 ⇒詳細は、「復習電気数学.pdf 」を参照ください。。







 *

***
 ⇒***


 *

***
 ⇒***


Designed by CSS.Design Sample