***回路図作成***

回路シミュレータ(SIMMtrix/SIMPLIS)は、回路図を描くことから始まります。(ここでは、既に回路シミュレータ・ソフトのインストールは既に済んでいる状態を前提にしています。

なお、この「回路シミュレータSIMetrix/SIMPLISの使い方」で説明に使用しているシミュレーション事例のサンプル・ファイルは、こちらからダウンロードして下さい。

◆バージョンVer8.0以前のSIMetix/SIMPLISで作成されたシミュレーション・ファイル(拡張子がsxsch)をシミュレーションする場合のご注意は、旧バージョンのシミュレーション・ファイルへの対応をご参照ください。

 回路シミュレーション事例集(1)のダウンロード


 新しい回路図を作る

SIMetrix/SIMPLISを起動し回路図ウインドウを呼び出す。
{File]→[New Schematic]をクリック




 部品の配置

部品を選択し、ドラッグ・ドロップで配置する。
 


 配線をする

[Wire Mode]でドラッグして配線する。


 部品の機能及び値を設定する

抵抗R1をダブルクリックで[Choose Compnent Value]のダイアログボックスを表示し、設定値を変更、設定si[OK]で保存する。コンデンサ等他の素子も同様。

電源/信号源の設定

 回路図を名前を付けて保存

[File]→[Save As...]で「名前を付けて保存」のダイアログを呼び出し、名前を付けて保存する。
 *


Designed by CSS.Design Sample